Clubhouse(クラブハウス)使い方と1日使ってみた感想

話題の Clubhouse(クラブハウス)をスタートしました

2020年3月に米国Alpha Explorationが始めた音声SNSサービスで、現在はiphoneユーザーのみで友人知人からの招待で実名登録(推奨)で参加登録ができます

登録すると2名の友人知人を招待できる仕組みですが、iphoneに電話番号が登録されている人を招待できる様です。

電話番号を登録している人がだんだん少なくなっているのでここでまた限定されますね。

知り合いの紹介ですし、あまり広げたくない感じも良いのかもしれません

Clubhouse(クラブハウス)の、使用方法は検索すればたくさん出てきますのでここでは割愛します。

@merci_mariko でやっておりますのでぜひフォローでつながってください

 

1日使ってみた感想をお話しします

最初はフォローしている人がいないので、外国の方々の英語でのトークルームが出てきました

そこに参加しても英語はわからないし、全く何だか面白くありませんでした・・・

そのうち無言ルームなどが出てきて、音声SNSなのに無言・・・もっと意味がわかりません(これはフォロワーを増やすためにやるようです)

いろんな方をフォローしているうちに、その方のトークルームが出てきて入ってみると、テーマに沿って皆さんで座談会している空気(少人数だと参加しているのが恥ずかしい感じになります)

そのうち芸能人や著名人のトークルームが出てきました

5k(5000人)と表示されると満員で参加できないらしく(何度かクリックすると出入りにより参加できます)入ってみると、お笑い芸人の方など話の上手な方々ですからラジオ感覚で聞いていられます。しかも、シナリオのないトークですので例えるなら「飲み屋さんで隣で、有名人が友達と気を許して話しているよ」という感じの内容です

ここでは書けませんが、TVや編集されたyoutubeでは聴けない、結構な本音内容でしたのでそこが面白いのだなと

落語家さんの話や、医療系の方、メンタリストさんの分析トークなども面白かった

(私はあまり知らないのですが)TikTokで有名なアーティストはそこで生ライブしているし、

今までお金を払って一部の人しか参加できなかったことが身近にあるのですから、通称Clubhouse(クラブハウス)の沼といわれる、はまってしまい辞めどきが難しいのがわかります

有名人だけでなく、とても真面目なこれからの世の中についてや産業についての討論もあります

つまり

TVに出ている人、youtube 、SNS(twitter やinstagram), TikTok など、

これまでそれぞれのメディアで分かれていた芸能人、文化人、ユーチューバー、インスタグラマーたちなどが一同に集結しているというのが凄いのです。

しかも、それらカテゴリーでは圧倒的なポジションを確保したと思われるほぼ全員が “初心者感覚”なので、

独特の嫌なヒエラルキーはなく、リラックスしながらも緊張感や探りながらのフラットな感じがまさに今の時代にぴったりで心地良く面白いのかもしれません。

 

みんなの始めて感覚こそが醍醐味

これから先どうなるのか?よりも、まずは参加してみて今だけの面白さを味わってみる

結果今が一番面白かったとなるんじゃないかな

 

マナーを守って誰かの迷惑にならなければ、新しいことも何をやっても良い時代です

新しいことを始めてみたいけど、何か面白いことないかな?という方にはおすすめかも

私もラジオ感覚でいろいろ参加してみたいと思います